安くても良質なロレックスのオーバーホールなら

ロレックスのオーバーホールを頼める業者が多数掲載されているこの比較サイトなら、安くても良質なオーバーホールを提供する業者を、効率的に探せます。店頭持ち込みに対応するショップをはじめ、宅配便などで、全国どこからでもロレックスのオーバーホールを頼める業者が載っています。

掲載されている業者は、基本的にオフィシャルよりお得な価格設定ですから、正規代理店の高額見積もりでオーバーホールを諦めた方にもピッタリです。また、ロレックス専門の職人が担当してくれる業者も探せますので安心です。

年間のオーバーホール実績が豊富な人気店も各種掲載されているため、信用できる業者へ任せたい時にも役立つサイトになっています。オフィシャルより数万円安くなることも多々ありますから、予算を抑えてロレックスのオーバーホールを頼みたい場合は、特に頼れる比較サイトです。

CIEN

評価 ★★★★★
使いやすさ ★★★★★
顧客満足度 ★★★★★
サービス内容 ★★★★
情報量 ★★★★
POINT
しっかりオーバーホールして検品も充実
しっかりケアなのに料金がとってもリーゾナブル
無料梱包きっとを送ってくれるから安心して送れる

CIENは高級腕時計のオーバーホール、修理を承っている時計修理店です。とくにロレックスの様な高級腕時計は得意中の得意で3週間ほどかけてしっかり隅々までスキルフルな技術者が心をこめてお手入れさせていただきます。

CIENでオーバーホールしたロレックスは他の高級時計同様に1年間の安心保証を付保させて頂いています。それだけCIENで行っている作業に自信がある、という事です。なんといってもこちらのウリは新品仕上げといって、磨き職人が丹精に新品同様に磨いてまるで新しい時計を購入したかのように仕上げてくれるのがチャーミングポイントです。

遠方の方などはお店まで持参することはできませんから郵送になりますが、ロレックスのような高級な腕時計を輸送するのは少し心配がありますね。しかし、CIENでは梱包キットなる精密機器用専用ボックスを無料で送ってくれ、そこに時計をいれて、オーバーホール依頼することになっています。専用ボックスがあるだけでもかなり安心できますね。

カナルクラブ

評価 ★★★★
使いやすさ ★★★
顧客満足度 ★★★★
サービス内容 ★★★★★
情報量 ★★★★★
POINT
ロレックス基本オーバーホール料金表が具体的に掲載されていること
カスタマーレビューを掲載しており、評価が低い物も隠さずに表記していること
基本オーバーホール料金を低く抑えていること

高価なロレックス。壊れてしまったらとても落ち込みますよね。正規の店舗で修理を依頼するとかなりの高額になってしまいますが、「カナルクラブ」にオーバーホールを依頼すれば基本オーバーホール料金を低く抑えていますので安心です。

まずはHPをご覧ください。モデルごとに「基本オーバーホール料金表」が具体的に掲載されておりますので、非常に参考になります。掲載されている内容が気に入りましたら、メールフォームから問合せをすることができます。またJR御徒町駅の近くに店舗を構えていますので、お近くの方は品物を持って直接行ってみられるのもよいでしょう。

「カナルクラブ」は日曜・祝日が定休日で、平日は9時~18時、土曜日は9時半~15時の営業となります。また、無料梱包キットを申し込むことができますので、遠方から修理を依頼する場合にもとても便利です。まずはぜひとも「カナルクラブ」のHPをご覧になってみてください。

リペスタ

評価 ★★★★
使いやすさ ★★★★★
顧客満足度 ★★★★
サービス内容 ★★★★★
情報量 ★★★★★
POINT
ロレックスの腕時計修理を正規店よりも安く請け負ってくれること
修理に掛かる費用が一目で分かること
24時間無料見積りをすると配送キットを送ってくれること

大切なロレックスが壊れてしまってお困りの方、オーバーホールを受け付けてくれる「リペスタ」というサイトがありますので、一度訪れてみられるようおすすめいたします。サイトの中に無料見積りのフォームがあります。

無料見積りを受けて修理の依頼をあきらめた時でも、見積無料・往復送料無料という普通では考えられないサービスを行っています。これは他にはなかなかないサービスだと思います。だからこそ大切なロレックスを気軽に修理に出せるのではないでしょうか。それにHPにはおよその費用が既に表示されています。そんな所にも企業としてのサービス精神が出ています。

また、相談用のフリーダイヤルも用意されています。土日祝日を除く10時~18時までが受付時間です。無料見積りフォームから問合せする前に聞きたいことがある方には重宝しそうなサービスですね。ロレックスの修理をお考えの方におすすめのサイトです。ぜひ一度訪問されてみてはいかがでしょうか。

時計修理の匠工房

評価 ★★★★
使いやすさ ★★★
顧客満足度 ★★★★
サービス内容 ★★★★★
情報量 ★★★★
POINT
全国対応でロレックスなど腕時計のオーバーホール・修理を行います
お見積りと腕時計の往復送料が無料のサービスです
すべての腕時計に1年間の保証をお付けするため、安心してご依頼になれます

時計修理の匠工房は、ロレックスなどの腕時計のオーバーホール(分解掃除)・修理を専門に行っている専門店です。純正部品で大事な腕時計の修理をしています。愛用の時計を美しくよみがえらせてお手元にお届けします。無料宅配パックをお申し込みになれば、お見積りはもちろん、腕時計の往復送料もかからず安心です。

時計修理の匠工房でオーバーホールをご依頼になれば、1年間という長さの保証期間をお付けします。オーバーホールは腕時計のすべての部品を分解して、洗浄や磁気の除去、精密部分へのピンポイント注油など、とても高度な技術と神経を集中しての作業が必要です。こんなオーバーホールのご依頼主への1年間の保証は、時計修理の匠工房が、お客様の安心を実際の形にした答えです。

時計修理の匠工房にお見積りをご依頼になった94パーセント以上のお客様が、正式なご依頼をされています。この数字は、お客様のために価格以上のサービス品質をご提供している証です。各メーカーよって特徴などが違う腕時計に対して、国家資格である1級時計修理技能士のなかでも長い経験を持つスペシャリスト達が中心となり、オーバーホール・修理に取り組んでいます。きちんとしたメンテナンスを行えば、それだけ長くご使用になれる腕時計、そのサポートをするのが時計修理の匠工房です。

ロレックス修理専門店ウイン

評価 ★★★★
使いやすさ ★★★
顧客満足度 ★★★★
サービス内容 ★★★★★
情報量 ★★★
POINT
ロレックス純正品の修理を1~3週間で済ませてくれること
ロレックス社のOBが活躍していること
修理後に2年間の保証がついていること

ロレックスと言えば数ある高級時計の1つですよね。愛用者の方も多いかと思います。そんな大切な時計が壊れてしまったら、あなたはどうなさのでしょうか。お困りの方は「ロレックス修理専門店ウイン」というサイトを訪れたらよいと思います。

この店にはロレックス社のOB技術者もいらっしゃいますので、安心して修理をお任せすることができます。品物が戻ってくる時の送料はウインさんが負担してくれますし、リピート割引も提供しています。アンティーク品の修理も取り扱っていますので、至れり尽くせりのお店だと思います。

また、あなたの要望に沿ったオーバーホールも行ってくれます。定期的にオーバーホールもしてもらえるように依頼もできますし、ロレックスに特化した修理専門店だけのことはあるでしょう。ホームべージの中にはオーバーホールについての写真付き解説もありますので、ご心配な方はご覧になってみてください。なお、「オーバーホール・修理のお見積フォーム」も用意されています。ぜひご活用ください。

時計修理専門店ウォッチレスキュー

評価 ★★★
使いやすさ ★★★★
顧客満足度 ★★★★★
サービス内容 ★★★★
情報量 ★★★★
POINT
どんな時計でも修理をしてもらうことができる
信頼を重視しているので安心して預けることができる
新品同様にしてもらうことができる

時計修理専門店ウォッチレスキューでは、どんな時計の修理でも対応してくれます。ですので、普段から使っている時計であったり、大切にしている時計であったり、高級な時計でもしっかりと修理をしてもらうことができます。

このお店では、時計を預ける人からの信頼を重視しています。大切な時計を預かるということで、信頼がなければサービスを提供できないという考えがあります。ですので、安心して時計を預けることができると考えられます。

例えば、高級時計であるロレックスは、信頼できるところで修理をしてもらいたいと考える人が多いのではないでしょうか。このお店にオーバーホールを依頼すれば、新品同様にしてもらうことができ、満足できると考えられます。

ロレックスのオーバーホールが高額なのには理由があります

ロレックスはゼンマイが動力となって動く機械式時計に当たります。長く使い続けるにはオーバーホールという作業が必要です。専門の時計技師が各パーツを分解・洗浄し、組み立てや調整などを行います。依頼できるお店は全国にありますが、いずれも費用は高額になってしまいます。精密な時計は車と同じくいくつもの細かな部品が構成されて動いています。トラブルがないからといってそのまま使い続けると、内部で不具合が発生するようになります。例えば潤滑油の場合、摩擦によって金属粉と混ざり合ってどんどん劣化していきます。潤滑油は研磨剤の役割を果たしているので、パーツの摩耗までも加速させてしまうのです。そうなると、パーツ交換が必要となって手痛い出費となってしまいます。オーバーホールが必要なのには大きな理由があったのです。

時計のオーバーホールは数年に一度行うべきですが、推奨する期間は業者ごとに分かれています。短いと3年になり、平均では5年に1度、中には遅れ始めたらと提示する業者もいるそうです。大体の修理業者の場合は、商売上の理由と定期健診の意味合いもあってか3年を推奨しています。ただし、最近の時計は潤滑油の性能も向上しているので、5年を推奨する人も多くいます。必ずしも3年でオーバーホールを行う必要性はないかもしれません。ですが、5年経過してもオーバーホールをしないと、部品にサビが起きるなど問題が生じる可能性が高くなります。ロレックスそのものの寿命を縮めてしまうケースもあるのです。大事な時計のためにも、5年に1回は必ず行いましょう。主に正規店・購入したお店・民間の修理業者に依頼できます。

代金が高いので躊躇するかもしれませんが、高いという理由で疎かにするとせっかくのロレックスが使えなくなってしまいます。ロレックスは品質が高いので5年経っても問題無く使えます。ただし、5年になっていなくとも精度が乱れる様になったら早めに依頼してしまいましょう。オーバーホールを依頼する際は、状態をキレイにして箱に入れて送ります。ロレックスで特に多いトラブルはサビです。大切に使うためには日ごろのお手入れも大切になります。使った後にメガネ拭きなどの柔らかい布で汚れを取れば完了です。サビの原因につながる塩分もしっかり取りましょう。プロの業者はセーム革を使っています。ちゃんとしたセーム革だとメガネ拭きよりも段違いに時計がピカピカになります。完璧にキレイにしたいならセーム革を使ってのお手入れがおすすめです。

PAGE TOP