top > ロレックスのオーバーホール情報 > ロレックスと腕時計のオーバーホールに関して

ロレックスと腕時計のオーバーホールに関して

ボーナスを貰うのを機に、腕時計の購入を目指している方も多いのではないでしょうか。
腕時計ブランドの頂点に君臨するのが、ロレックスではないでしょうか。
なかなか手にいれることは出来ませんが、購入すると生涯にわたって使用することが出来る代物です。
ただ、その前提にあるのがメンテナンスではないでしょうか。
数年に一度はオーバーホールに出すことが大切ですし、それが故障から守る最善の策ではないでしょうか。
目安としては五年に一度で、オーバーホールに要する期間は三週間程度でしょうか。
腕時計は生き物ですし、細かな部品は劣化してしまいます。
部品を交換することで、新たなに生まれ変われるのではないでしょうか。
費用はかかってしまいますが、オーバーホールをすることで機能を維持することが出来るはずです。
腕時計も人間も同じではないでしょうか。



ロレックスのオーバーホールの必要性

ロレックスに代表される高級腕時計に、定期的なオーバーホールは付き物です。
その周期は、3年毎という人もいれば、4年毎を推奨する人もいます。
しかし、残念な事に機械式腕時計は、オーバーホールが必要だということを知らない人がいるのも事実です。
10年以上使っていて、発条が切れたために修理したけど、さすがにロレックスは丈夫に出来ているそうです。
ものすごく悲しくなってきました。
クオーツの腕時計では、およそ3年ほどで電池が切れて停止するので、電池交換のついでに防水用ゴムを交換するなどの簡単なメンテナンスをしますが、機械式腕時計は、発条さえ巻けば動くので、自覚がありません。
加えて、機械式腕時計は、元々誤差が大きく、それが多少大きくなっても、必要な時に時報に合わせるだけの作業しかされないため、オーバーホールまで頭が回らない様です。
せっかく良い品を手にしているのですから、興味をと愛着を持って大切に接して欲しいです。



ロレックスのオーバーホールをすべき理由とは

ロレックスは、精巧な機械が採用されており、金属やゴムのパーツのメンテナンスをこまめに行うことで、長期的に愛用することも可能です。
特に、数多くのパーツが使われているロレックスのオーバーホールをする場合には、依頼先の選び方をしっかりとマスターする必要があります。
一般的に、予算に余裕がある場合には、専門の修理業者に対応を任せることで、点検やクリーニング、パーツの交換などをスムーズに行うことが可能です。
また、ロレックスの純正品のパーツにこだわりたい場合には、正規販売店に問い合わせをすることで、メーカーに対応をしてもらうことがコツです。
オーバーホールを行う頻度については、使用環境や機種によって大きな違いがありますが、少しでも時計の機能を長持ちさせるにあたり、顧客からの相談の受付が行われている店舗にお世話になると良いでしょう。

次の記事へ

PAGE TOP