top > ロレックスのオーバーホール情報 > ロレックスにはオーバーホールが欠かせません

ロレックスにはオーバーホールが欠かせません

高級時計のロレックスの腕時計はすべて機械式の構造になっています。
ゼンマイを巻いて時計を動かす昔ながらの構造です。
内部はたくさんの小さな部品で構成されているので、実はとても複雑な作りになります。
壊さないためにも、修理やオーバーホールという作業が必要となります。
オーバーホールとは時計そのものを全て分解した後に洗浄・交換などを行って元に組み立てる作業です。
ロレックスは精密に作られた機械なので、毎日使用していけば中の部品も劣化していきます。
なので、大切に長く使うためには数年に1回は依頼することが必要です。
あまりにも長い間放置すると部品が錆びてしまい、最悪の場合修理が不可能になってしまいます。
定期的にオーバーホールすることで常に良い状態が使うことができます。
頼む時期ではなくても使っていて何か異変を感じた時にも依頼した方が良いでしょう。



ロレックスのオーバーホールを依頼できるお店

高級時計ロレックスは長く使っていくためにもオーバーホールというメンテナンス欠かせません。
メンテナンスには高い価格がかかるので、人によっては依頼するのに躊躇するかもしれません。
依頼する方法は主に日本にあるロレックスの会社・購入したお店・民間店と3つに分かれます。
通常のメニューで行うなら正規販売店や並行輸入店に依頼すると費用を抑えられます。
また、キャンペーン期間に購入した場合はかかる費用を安くする特典が付くこともあります。
特に並行輸入店では、こうしたサービスを設けているのでお得です。
割高となりますが確実に依頼するなら公式の業者にが適しています。
日本のロレックスの会社や公認されたお店を指します。
後任のお墨付きがついた技術者にやってもらうので高品質の状態で確実に手元に返ってきます。
費用を抑えるなら民間の修理店に頼むと確実です。
非公式なのでサービス内容も料金も各店で違ってきます。
こちらでも純正パーツを使用するので、少しだけ直してもらいたい場合はこちらに依頼する方がお得です。



ロレックスをオーバーホールするのも大変です

最近の流行なのか、男性、女性問わず、腕時計をされていらっしゃる方が、多いように見受けられます。
以前では、携帯電話が時計の役割を果たしているようで、あまり腕時計をされていらっしゃる方をお見受けしていなかったようにかんじます。
たくさんのブランドがある中で、どのブランドが人気を集めているのか、興味もあります。
以前が、スウォッチや、ジーショックなどが人気を集めていた時代もありました、高級腕時計にロレックスがありますが、こちらは、相変わらずの人気ぶりのように思われます。
ステイタスを感じますが、このステイタスを維持していくのは、大変だと考えます。
購入後も、管理費は膨大にかかるようです。
例えば、オーバーホールですが、3年置きぐらいにオーバーホールをしていく必要があるようです。
そして、その費用も、ちょっとした時計が購入できるほど、費用が掛かるということを、知っておく必要があるようです。

PAGE TOP