top > ロレックスのオーバーホール情報 > ロレックスのオーバーホールは定期的に

ロレックスのオーバーホールは定期的に

定期的に時計を分解して点検や修理、清掃を行なうことがオーバーホールです。
特にロレックスといった高級時計は、調子が良くても3~4年に一度は必ず行なうと良いでしょう。
仮にそのままにしておくと、パーツ交換などが必要になりかなりの料金がかかることもあります。
また、オーバーホールを怠るとパーツが摩擦してしまい、ロレックス自体の寿命を縮めてしまう一因になってしまいます。
そこで予め認識しておきたいのが、その料金です。
ロレックスのオーバーホールは一度時計を分解して各部品の状態を丁寧に確認します。
そのうえで、洗浄や研磨のし直し、不具合の部品の交換などを行い、改めて元の状態に戻します。
手間と時間がかかるため、料金は他の時計に比べて高額となり3万円~が相場となります。
大切な時計を長く愛用するためには妥当な相場と言えるでしょう。
もし定期的に行っていない場合は一度検討してみると良いでしょう。



ロレックスのオーバーホールなら

腕時計のブランドとして有名なロレックスのオーバーホールは、時期を考えると10年以内に行ったほうが良いとされています。
理由は、汗などによる錆びや摩耗が原因で修理できない状態になってしまうことがあるからです。
高価なロレックスが修理できない状態であれば、価値がなくなってしまいますので売却も不可能になります。
長く利用するには、オーバーホールを行って部品の交換などをしてもらうことが大事です。
日本ロレックスでは、そのメンテナンスや修理を行っていますので、オススメです。
部品なども製造終了時期から、30年以内のものであれば、在庫を用意していますので、安心して頼めます。
費用に関しても、見積もりができますので、その点も安心です。
大事な腕時計を長く利用するために、オーバーホールを行いながら利用することで長く付き合うことができます。



ロレックスのオーバーホールを依頼する

ロレックスというのは、誰もが憧れる高級時計ではないでしょうか。
なぜなら、110年以上も昔から時計を作っている会社であり、性能が高く、信頼性の高い時計を作っているからです。
最高品質の原料を使っていますし、細部までしっかりとこだわり、注意を払って作っていますので、安心して使い続けることができます。
そんな高級な時計ですが、長年使っていると機能が低下してきてしまったり、扱いが悪いことで故障してしまうこともあるのではないでしょうか。
そうした場合には、修理をする必要があります。
修理窓口がありますので、そこに依頼すれば、元通りにしてもらうことができます。
オーバーホールも可能で、新品同様にしてもらうこともできます。
正規店ではないところでオーバーホールをしていることもありますが、大切に使い続けたいのであれば、正規店に依頼をすべきです。

次の記事へ

PAGE TOP